ホーム > 採用情報 > 先輩職員の声 | 一覧へ戻る

先輩職員の声

先輩職員の声をご紹介します

  • 所属:北さくら工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:坂井 聖
この仕事を始めたきっかけは?

中学時に特別養護老人ホームへボランティアに行きました。そこから「福祉」に興味を持ち、福祉系の大学へ進学しました。そこで障がい者施設に実習に行き「これだ!!」と思いました。

仕事をして喜びを感じるときは?

利用者が自分を信頼してくれる時、一緒に喜びを共有できた時です。でも一番は、利用者の成長を感じた時です。

法人の魅力は?

いろいろなことを経験させてもらえることです。また、自分自身能力が伸びる、やりがいのある職場です。職場環境も良く、和やかな一面もあり楽しい職場です。

あなたの目標は?

利用者と共に自分自身成長していくことです。利用者に安心を与え、信頼される支援員を目指します。

  • 所属:南さくら工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:吉田 健一
この仕事を始めたきっかけは?

中学校の時につばき工房でボランティアをする機会がありました。その時にこの仕事をしたいと思いました。

仕事をして喜びを感じるときは?

利用者のみなさんと関わる中で、気持ちの共有ができた時です。

法人の魅力は?

明るく元気な職員がたくさんいるところです。いつもみんなにパワーをもらっています。

あなたの目標は?

日々の業務を通じて、信頼と安心感を与えられる職員になりたいです。

  • 所属:つばき工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:柳澤 知佳
この仕事を始めたきっかけは?

小学生のころから地区のボランティア団体に所属し、福祉施設や地域のイベントに参加したことで、人と関わることが自分に合っているのではないかと思うようになりました。その経験が、福祉職への興味につながり、現在に至っています。

仕事をして喜びを感じるときは?

私は、日々、利用者のみなさんの就労支援を行っています。結果が求められる役割ですが、就労に結びつけることは決して容易なことではありません。ですが、利用者のみなさんは一生懸命で努力してくれます。そのがんばりを近くで応援し、一緒に悩んで考える、それを積み重ねていくと必ず成長した姿を感じられます。 それが私にとっての喜びです。

法人の魅力は?

法人内にそれぞれ違ったカラーの施設が4か所あります。どの施設でも自分の力を試し、能力を伸ばせる環境にあると思います。
職員は皆あたたかく、エネルギーに満ち溢れ、利用者支援に日々尽力しています。その中で自分が努力したことを必ず評価してもらえ、やりがいのある職場です。

あなたの目標は?

いつでも利用者の声に耳を傾け、寄り添った支援を行うことを心がけたいです。そして「柳澤さんがいてくれたから頑張れた、できた」と言ってもらえるような支援員になることを、目標にします。
また、法人内だけでなく、上越の障がい福祉をより良いものにするため、地域貢献を視野に入れ活動していきたいと思います。

このページの先頭へ
© SAKURA-EN .ALL RIGHTS RESERVED.