ホーム > 採用情報 > 先輩職員の声 | 一覧へ戻る

先輩職員の声

先輩職員の声をご紹介します

  • 所属:さくら工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:石山 奈緒子
この仕事を始めたきっかけは?

社会人バレーボールチームメイトで、障がいのある人がいて、一緒にバレーボールをしていました。その人は、何にでも挑戦し、できることが増え笑顔になることに喜びを感じていました。私は、そこから福祉に興味を持ち、福祉の仕事に就きたいと思いました。

仕事をして喜びを感じるときは?

利用者の皆さんと関わる中で、一緒に喜びを共有した時です。一番は、できることが増え笑顔になることに喜びを感じます。

法人の魅力は?

職場内がとても明るいです。一人で抱えることなく、一緒に考えサポートしてくれます。

あなたの目標は?

利用者と一緒に自分も成長していくことです。利用者に信頼される支援員を目指します。

  • 所属:南さくら工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:池亀 詩保美
この仕事を始めたきっかけは?

学生時代に、さくら工房で実習をしました。当時、利用者さんとコミュニケーションをとる中で、「私は何か役に立てるだろうか」「もっと関わりを持ってみたい」と考えたのがきっかけでした。卒業後は、高齢者福祉に8年携わり、経験を積みました。「自分が本当にやってみたいこと」に、挑戦してみようと思い、障がい者福祉の世界に飛び込みました。

仕事をして喜びを感じるときは?

利用者が、充実した時間を過ごすことが、一番の喜びです。作業を頑張った時、不安なく穏やかに過ごした時、自分の気持ちを話した時、行事を楽しんだ時。どうしたら、その人にとって良い時間になるか、日々考えています。工房での支援が、工房外での自立や安定に繋がると、さらに嬉しく思います。

法人の魅力は?

それぞれ魅力の違う各工房はもちろん、相談支援センターやグループホームも充実しており、法人内で密に連携を取っているところ。法人全体で、利用者一人一人の支援に携わっていると感じます。あとは何より、笑顔で元気な職員が多いところ。

あなたの目標は?

誠意と責任を持ち、利用者に信頼してもらえる支援員になりたいです。一人でも多くの利用者を、笑顔にしたいです。

  • 所属:つばき工房
  • 職種:支援員
  • 氏名:竹内 達也
この仕事を始めたきっかけは?

大学時代に居多さくら工房に実習に行き、福祉の仕事に就きたいと思いました。

仕事をして喜びを感じるときは?

利用者のできなかったことができるようになり、利用者の成長を感じた時です。

法人の魅力は?

利用者にとって最善の支援は何かを常に考える職員がたくさんいます。

あなたの目標は?

利用者、保護者に信頼される支援員を目指します。利用者の成長と共に自分自身も成長したいです。

このページの先頭へ
© SAKURA-EN .ALL RIGHTS RESERVED.